株式会社LIXILトータルサービス LIXILグループ

お掃除の知恵・耳寄り情報



お寄せいただいた「お掃除テクニック」を、 道具をキワードに大きく3つに分類してみました。
※あなたのお掃除の時のウラワザやご自慢のテクニックがありましたら教えてください。

「捨てないで!! ゴミではなく、お掃除に便利な道具です。」
歯ブラシ、割り箸
フローリングの汚れ落とし。
湯沸し器の蛇腹ホースや水道の蛇口などの溝部分の掃除。
洗面所・キッチン・浴室・トイレなどの細かい所には使い古しの歯ブラシ!!
割り箸にボロ布をあてて、細かい所の汚れを拭き取る。
新聞紙
網戸やエアコンフィルターの掃除は、裏に新聞紙をあてて掃除機で吸い込む。
食器棚や冷蔵庫の上に新聞紙を置いて、ホコリをためない。
濡らした新聞紙をちぎってフローリングにまいて、埃と一緒にモップではくと、ホコリが散らばらない。
新聞紙をほこりよけや雑巾代わりなど、いろいろと活用しています。
窓ガラス・鏡拭きには、新聞紙!!
ストッキング・衣類
使い古しのストッキングをハンガーにかぶせてビデオなどオーディオの間のホコリをとる。
ブラインドは、パンティストッキングや軍手に手を入れてこすると綺麗になります。
着なくなった衣類や古くなったタオルは、雑巾サイズにカットしておいて、窓ガラスやサッシの溝を拭いて使い捨てにする。
スーパーの袋
三角コーナーは、スーパーの袋に漂白剤を入れて、口を縛って一晩おく。
洗剤の空き容器
窓のサンは、台所洗剤の空き容器に水を入れて流しながら洗う。(水の節約)
お茶殻
台所の匂い消しに、お茶殻をおいています。

「まさに、生活の知恵!!新たな使い方を発見。」
ページトップへ
柔軟剤・洗剤
拭き掃除のときは、洗濯の柔軟剤を入れた水で拭くと埃がつきにくい。
トイレ掃除のとき、洗剤をかけたら放っておくするときれいになってる。
洗面所のシンクの掃除は、お風呂用洗剤で掃除する。
ホーローの掃除にクリームクレンザー。
ペーパータオル・ラップ
洗剤の貼り付け湿布(ペーパータオルに」洗剤を染み込ませて貼り付ける)。
キッチンシンクは毎晩、使い終わったラップに中性洗剤をつけてあらうと泡立ちが良く、シンクに傷つかない。
換気扇のベタベタは、お掃除洗剤のラップ湿布で簡単に取る。
お風呂の桶は、紙でシップして、洗剤をつける。
みかん
みかんの皮を煮出した液で、フローリングワックスをかける。
お風呂に浮かべたみかんで浴槽のあかを取る。(入浴中にできる)
窓のサン用ブラシ
洗濯機の内部の汚れは、窓のサン用の毛の長いブラシを使う。
熱湯
換気扇の汚れは、熱湯をかけて汚れを浮かせてから洗剤を使う。
シャンプー
トイレの掃除に、携帯用のシャンプーの残りを使うと香りも良く、汚れもよく落ちます。
雨の日にはベランダ掃除と網戸をはずして雨に当ててきれいにしてもらう。
水取りはけ
入浴の最後に、壁や床を、結露などの水取りはけで水を取りきる。カビが生えにくい。
エタノールのスプレー
水拭きが面倒な時は、「エタノールのスプレー+空雑巾」ですっきりします。

「やはり基本は、”こまめ”と”無駄のない段取り”」
ページトップへ
こまめ
毎日使う度にこまめに掃除して、よごれをためない。
とにかくシンクに水分を残さない。毎日磨いています。
無駄のない段取り
洗面所やトイレのタオルを替えるたびに、そのタオルで蛇口周りや鏡などを拭いてから洗濯する。
冷蔵庫の掃除は、週末または月末に、中が空いているときに一気にしてしまいます。
雑巾をたくさん用意して、汚れたら次を使う。最後にまとめて洗濯機で洗う。
床の物を全て片付けてから、掃除機を一気にかけると時間と電気代の節約になる。
掃除機をかける前に、フローリングをモップがけする。ホコリが舞い上がらない。
テレビを見ながらスイーパーで床を掃く(ただではテレビを見ない)。
電子レンジの中で、濡らした布巾を暖め、それでレンジ庫内をふく。
パソコンのプリンターや炊飯器、オーブンレンジなどホコリがこびりつきそうなものは、 初めから布をかけておくとそれほど汚れません。
手の汚れを気にしないで済むよう、ゴム手袋愛用。
子供達が小さい頃は、ガムテープを持たせて遊びながらじゅうたんのゴミをとった。
汚れを取るより防ぐ。油汚れはシートを張って防御。
お友達に頻繁に遊びに来てもらう。
夏のふき掃除は、ぞうきんを片足で踏んで、好きな曲に合わせて踊りながら拭く。


よくあるご意見・ご質問

ホームへ戻る 戻る
Copyright © LIXIL Total Service Corporation All Rights Reserved.