株式会社LIXILトータルサービス LIXILグループ

必殺のお掃除テクニック
トイレ TOILET
こんな事で困っていませんか?
水が止まらない
便器内の水位が上がる
便器内に紙や汚物が残る
ハンドルを回しても
水が流れない
手洗いからの
水の出が悪い


プロにおまかせ「リフレッシュサービス」
プロがお掃除「リフレッシュサービス」
汚れの悩みを一気に解決
イージーリフォーム
美しく清潔に模様替え
介護の負担を軽減



その他の場所は大丈夫?
トイレ
洗面
浴室
キッチン
リビング



お掃除の知恵耳より情報


i-mateってナニ?

お掃除のコツ
トイレの中でも便器は、一番お掃除する甲斐のある場所。しっかりポイントさえおさえれば、 いやなニオイも汚れも楽に落とせます。毎日を快適に過ごすために、ぜひこれらの達人ワザを 試してみませんか?

便器の回りで特に汚れやすい5つのポイントをまずチェックしてみましょう。

【1】便座の下になっている面(リム上面)

【2】便器の内側周囲。水が出てくる穴のあるところ
 
見えにくい場所もきれいに!
飛び跳ねた尿がたまりやすく、ニオイのもとになります。見えにくい場所だけに、常にチェックを心掛けて!


【3】水が溜っている部分と乾燥面の境目

【4】水が溜っている部分の底。排水入口
 
届かない時はこうして!
届かないところの汚れは、ゴム手袋を装着してスポンジタワシや布などでこするのがベター。


【5】便座の取り付け部分と便器の境目


これで完璧!便器のお手入れテクニック
その日の汚れはその日に落とす、これがトイレを清潔に保つコツです。汚れたままにしていると、ニオイが発散したり、あとあと汚れが落ちにくくなります。家族全員が毎日お世話になる所だから、お手入れも念入りに。

ふだんはこんなふうに
ふだんのお手入れは、トイレ洗剤を便器の汚れている箇所にかけ、しばらく放置します。その後、ブラシやスポンジでこすり落としましょう。最後に洗浄水で洗い流します。頑固な汚れは、クリームクレンザーをブラシまたは布などに付けてこすり落とします。



ブラシが届かないような部分の汚れは
使用済みの歯ブラシや、布を巻付けた割り箸を使うときれいに落ちます。



トイレのふたの黒ズミは静電気のしわざ
トイレのふたの裏に付きやすい黒い汚れ。これは便座の合成樹脂から発生する静電気が周囲の
ほこりを吸い寄せて便座表面に付着させたものです。この黒ズミ汚れは、台所用合成洗剤を
100倍に薄めて、布などにつけて拭き取れば落とすことができます。



注意したいこと
便器やロータンクの汚れ落としに耐水ペーパーなどは使わないようにしましょう。
表面を傷つけることがあります。落ちにくい汚れには、クリームクレンザーを使いましょう。



ALL ABOUT TOILETトイレ各部の名称
ALL ABOUT TOILETトイレに関する注意事項
ホームへ戻る 戻る
Copyright © LIXIL Total Service Corporation All Rights Reserved.