株式会社LIXILトータルサービス LIXILグループ

必殺のお掃除テクニック
トイレ TOILET
こんな事で困っていませんか?
水が止まらない
便器内の水位が上がる
便器内に紙や汚物が残る
ハンドルを回しても
水が流れない
手洗いからの
水の出が悪い


プロにおまかせ「リフレッシュサービス」
プロがお掃除「リフレッシュサービス」
汚れの悩みを一気に解決
イージーリフォーム
美しく清潔に模様替え
介護の負担を軽減



その他の場所は大丈夫?
トイレ
洗面
浴室
キッチン
リビング



お掃除の知恵耳より情報


i-mateってナニ?

トイレに関する注意事項

警告

電源プラグやヒーターコントローラーを水につけたり、水をかけないでください。

※ショート・感電の恐れがあります。
 

修理技術者以外の人は電気部分を絶対に分解したり、修理・改造は行わないでください。

※発火したり、異常動作してケガをすることがあります。
 



注意

便器が破損した場合、コンセントから電源プラグを抜いて修理を依頼してください。

※そのまま使用するとショートや感電の原因となります。
 

電源コードを傷つけたり、破損したり、加工したり、無理に曲げたり、引っ張ったり、ねじったり、束ねたり、重いものを載せたり、挟み込んだりしないでください。

※電源コードが破損し、火災・感電の原因になります。
 

便フタやカバーの上に乗らないでください。

※破損してケガをすることがあります。

交流100V以外では使用しないでください。

※感電・火災の原因になります。

電源プラグや便座に、トイレ用洗剤、住宅用洗剤、漂白剤、ベンジン、シンナー、トイレ用お掃除ティッシュ、クレンザー、クレゾールを使用しないでください。

※樹脂が割れて感電・火災の原因となります

ロータンクや便器の陶器部にヒビが入ったり、割れたりしたときは、破損部に絶対触らないでください。

※破損部でケガをすることがあります。早めに交換してください。

電源コードや電源プラグが痛んだり、コンセントへの差し込みが緩いときは使用しないでください。

※感電・ショート・発火の原因になります。

電源プラグを抜くときは、電源コードを持たずに必ず先端の電源プラグを持って引き抜いてください。

※感電・ショート・発火の原因になります。


ホームへ戻る 戻る
Copyright © LIXIL Total Service Corporation All Rights Reserved.