株式会社LIXILトータルサービス LIXILグループ

必殺のお掃除テクニック
キッチン KITCHEN
こんな事で困っていませんか?
カウンターの汚れには
シンクの汚れには
キャビネットの汚れには
ガスコンロとキッチン
バックの汚れには
換気扇(レンジフード)の汚れには
ビルトイン機器の
汚れには
お手入れ頃チャート



その他の場所は大丈夫?
トイレ
洗面
浴室
キッチン
リビング



お掃除の知恵耳より情報


i-mateってナニ?

お掃除のコツ
最近ますます機能的になったキッチンスペース。
キッチンの中でも特に使用頻度が高く、汚れやすいコンロ周り3カ所のお掃除のワザをご紹介。
日頃のお手入れにひとワザ加えて、ピカピカなキッチンで楽しくお料理したいものですね。

キッチンのお手入れココがツボ!
キッチン写真
1.コンロ
コンロのホーロートッププレートに煮こぼれなどがそのまま、焦げついてしまい、簡単に落ちない時は、クリームクレンザーを古着などののハギレにつけて水を使わずに磨くとキレイになります。
※トッププレートがホーローの場合のみです
Point! 一言アドバイス
古くなったT-シャツを適当な大きさに切って、空き箱などに入れておくと、バラけず取り出しも簡単です。汚くなったら捨てればよいので、コンロ掃除の他にも結構重宝します。



2.キッチンバック
キッチンバックの食用油や洗い水の飛沫などの汚れは、時間の経過と共に変質・硬化して落ちにくくなり、カビの原因にもなります。汚れが変色する前にふき掃除用の中性洗剤で洗浄しましょう。落ちない場合は、スポンジにクリームクレンザーをしみ込ませ、こすり落とします。
※強くこすり過ぎるとタイル表面にキズがつくこともあるので注意が必要です
Point! 一言アドバイス
キッチンバックに、外装用の釉薬がかかってないタイルの使用は避けましょう、外装用タイルは油汚れが落ちにくい素材や、目地幅が太いものなど、キッチンバックにオススメできないものがあります。



3.フード付換気扇
A:ロントフード、フード本体の汚れ
月に1回程度、台所用洗剤を浸した布でふき取り、この後にカラぶきします。油だまりの油も、台所用洗剤を浸した布でふき取り、カラぶきしてください。

B:フィルタの汚れ
フィルタの目に沿ってお湯で汚れを洗い流し、水分がなくなるまでふき取って乾燥させます。この部分も月に1回程度はお手入れしましょう。
C:羽根・油受け・オフィスの汚れ
タワシなどで洗い流し、水分がなくなるまでふき取って乾燥させます。3ヵ月に1回程度は行いましょう。
Point! 一言アドバイス
アルカリ洗剤、シンナー、ベンジン、アルコール、金属タワシは使わないでください。塗装の変質・変色・はがれの原因になります。また、住宅用、家具用アルカリ性合成洗剤は塗装を剥がすものもあります。掃除には台所用洗剤をお使いください。

ALL ABOUT BATH ROOM キッチン各部の名称
ALL ABOUT KITCHEN
ホームへ戻る 戻る
Copyright © LIXIL Total Service Corporation All Rights Reserved.