株式会社LIXILトータルサービス LIXILグループ

こんな事で困っていませんか?
浴室
浴槽・フロフタ
排水溝(トラップ)
混合水栓
カガミ
床タイル
収納棚
タイル目地
浴槽周囲のコーキング
天井・照明の汚れ
お手入れ頃チャート


プロにおまかせ「リフレッシュサービス」
プロがお掃除「リフレッシュサービス」
汚れの悩みを一気に解決



その他の場所は大丈夫?
トイレ
洗面
浴室
キッチン
リビング



お掃除の知恵耳より情報


i-mateってナニ?

お掃除のコツ
お風呂のつかると『ヌルッ!』、タイルや壁も『ヌルヌルッ!』これではせっかくの気持ちいいバスタイムが台無しですね。ツルツル&ピカピカなお風呂で快適なバスタイムを手に入れるためにもカビ予防3ヵ条をチェック!

浴室のカビ予防3ヶ条

壱ヶ条 ・洗面器などは、入浴後洗って浴室の外に出しましょう。
・風呂釜のある家庭は、月に一度は風呂釜の掃除をしましょう。



弐ヶ条
お風呂掃除は少しでも気を抜くとカビが発生します。古い歯ブラシに歯磨き粉をつけたものなどで、手軽に掃除をする習慣をつけるとよいでしょう。



参ヶ条
お風呂掃除の決めては換気です。入浴後は換気扇を回したり窓を開けてしっかりと換気をして乾燥させましょう。

もしカビが生えてしまったら。
カビはふくだけで落ちる場合もありますが、これだけでは完全にカビは死滅しません。
カビ取り剤や塩素系漂白剤、アルコールなどを使わないとだめなのです。
カビの上手な除去法をお教えします。


1 窓やドアを開け換気扇をまわします。肌を傷めないようにゴム手袋をはめましょう。

2 塩素系漂白剤をカビの部分に塗っていきます。

3 そのまま、5分〜10分置いて、カビの色が消えるのを待ちます。

4 シャワーの水でよく洗い流しましょう。

5 それでも汚れが気になるようなら、クレンザーとブラシを使ってこすり落とします。

注意:浴槽や蛇口には漂白剤をつけないように気をつけて下さい。変色やサビの原因になります。

カビを生えさせるその前に 生えてしまったカビを退治するより、日頃から予防してカビを生えなくする方が気分がいいものです。
湿度を取り、温度を下げる そこで、カビの予防方法を紹介します。
入浴後に水シャワーを浴室全体にかける。タイルなどについた水滴は乾いた布で拭き取ると完璧! 換気をする入浴後は、浴室の窓を開け、換気扇をまわします。
汚れはカビの繁殖を促す原因に入浴後に石っけんカスなどをシャワーで流しておくだけでも効果的です。

浴室エトセトラ
浴室暖房と浴室乾燥の利用方法の違いは?

「浴室暖房」と「浴室乾燥」は、設備として似た形状になりますが、内容は全く異なったものです。



「浴室暖房」は、浴室の温度を上げることのみが目的で作られているので、服を脱いでお風呂に入るまでの寒い状況を解消してくれます。



「浴室乾燥」は、浴室を乾燥させる、つまり除湿についても考えられて作られているもので、お風呂場で洗濯物を乾かすには、ベストな環境を作ってくれます。洗濯物を早く乾かすには、なるべく湿度の低い水蒸気が無い状態が一番良いとされています。逆に湿度が高く暖かい状況では、なかなか乾きにくくなります。



浴室を乾燥させるということは、カビ防止対策にもベストです。



最近は、2つの機能が備わった商品もでているので、ライフワークに合わせて、利用したいものです。



ALL ABOUT BATH ROOM浴室各部の名称
ALL ABOUT BATH ROOM
ホームへ戻る 戻る
Copyright © LIXIL Total Service Corporation All Rights Reserved.